玄関マットを探して

いまうちにある玄関マットは大阪に住んでいた頃アフタヌーンティにて購入したもので、かれこれ10年くらいは使っている。

なのでずいぶんとくたびれてきたのでそろそろ新調しようかと思い立ち、ネット通販サイトや雑貨店を覗いてみたものの特に気に入るものも見つからず、ふとミナペルホネンの通販サイトで見てみたら大変かわいいものを見つけてしまった。

 

見つけてしまった、というのは、値段がとんでもなく高かったから・・・たかだか玄関マットとはいえ、そこはミナペルホネン。2万とか3万くらいします。

こんな小さな面積になぜそんな金額を・・・と思ってしまうけれど、一度気に入ってしまった為にそこそこデザインが良くて安い玄関マットであっても、べ○メゾンとかではもう妥協出来なくなってしまいました。

 

気に入ったけれど高くて買う踏ん切りがつかない。じゃあ現物を見てから判断しましょうということで、青山のスパイラルにあるミナペルホネン直営店のCallへ行って来ました。

 

初めて訪れたそこは、かわいくて上品で、ミナペルホネンの魅力が詰まった素敵な場所でした。

お客たちもきちんとした感じの方々ばかり。間違っても万引きはしなさそうです。

スタッフの方々も優雅に働いていて、バックルームで客の悪口で盛り上がったりしなさそうな感じでした。

 

そのスタッフの中には高齢なご婦人も含まれていました。シルバー人材派遣からやって来たのでしょうか・・・昔モスバーガーで、たどたどしくレジを打つおばあちゃんを思い出しました。

 

でもそこはミナペルホネンだからでしょうか、みなさんミナペルホネンの服を着こなし、揃って白髪のボブの知的な感じでした。高級シルバー人材派遣みたいなところがあって、そこから来ているのかもしれません。

 

「何かお探しですか?」とにこやかに尋ねられたので、「玄関マットを探しているのですが」と答えました。

そうすると、無言でそばにあったタタミ半畳分くらいの大きさのラグを指さし、「これね」と言いました。

文章にすると違和感はないけれど、普段なかなか語尾に「○○ね」という方とお話ししたことが無いので面喰いながらその大きなラグを見ると、うちの小さな玄関には明らかに大きすぎるサイズでした。

玄関マットと言われてこのサイズを勧めるなんて・・・高年金所得者なのでしょうか。そう思うと白髪のボブというのもなんとなく金持ちっぽく見えます。

 

その方は「ええと値段はね・・・」としゃがんで値段を確認していました。

しゃがんだ時に膝のパキっという、老人特有の乾いた音がしたとき、自分は「どうしよう・・・このラグ買わないといけないかも」と訳もなく思ってしまいましたが、値段が55,000円だったのでさすがに断りました。

 

他には無いのでしょうか?向こうには違うデザインのものもありましたが、と聞くと「あらそうなの?」と聞かれました。質問に質問で返す・・・恐らくこのお店の在庫は一生分からないだろうと思い、お店を後にしました。「欲しいものが見つからなくて、ごめんなさいね」という世にも上品な言葉を聞きながら・・・。

 

結局目当ての玄関マットは見られなかったな・・・と思いながらも、念のため後日ミナペルホネンのカスタマーサービスに確認すると、「お探しのものはCallに置いてございます」との答えが。

思わず「あのババア・・・」と思ってしまった下品な自分には、やっぱりベ○メゾンの玄関マットがお似合いです。

大好きな主婦ブログ本

主婦が書いたブログ本を良く読みます。

 

特に好きなのが、物を極力持たずにシンプルに暮らす主婦の本。

ご夫婦に二人のお子さんという、4人家族にしては小さめの2LDKの部屋に住んでいます。

あえて狭い部屋に住むことにより、厳選した家具や衣類のみを持ち、ミニマムかつシンプルに暮らす豊かな生活を提唱しています。

確かに部屋の写真を見ると広々としていて、掃除もしやく住みやすそうです・・・3LDKのマンションを購入してしまった自分は判断を間違えてしまったのでしょうか。

でも良く読んだら平米数は59㎡とのことでした。うちは55㎡なので、うちの方が狭いです・・・あえて狭い部屋を選んだわけでは無いので、なんとなくちょっとへこみます。

 

この主婦が出版した本はたくさんあるのですが、その数冊はあっちゃんのお友達が編集をされているそうで、他にもいろいろなインテリア本などを手掛けられている有名な方とのことでした。

その方、自分が不在の際に遊びに来られたこともあるそうです。後で知って驚き、うちのインテリアに対してのコメントがあったかどうか聞いたのですが「とくに無かった」とのことでした。インテリア本に紹介してもらえるかもとぬか喜びしたのですが・・・あえて選んだわけではない狭いうちの部屋には、何が足りないのでしょうか。

 

そういえばブログ本に紹介されていたエピソードに、お子さんからの手紙を壁に貼っている、というものがありました。

余裕が無くなりお子さんへの口調がきつくなった時に見るそうです。持たない暮らしでも、こういうのは置いておく様子です。

でもその手紙の内容が「ママの味方だよ、もう泣かないでね」というような内容でした。子供の前で夫婦喧嘩して泣いてしまったのでしょうか。

そう思うと、「余裕が無くなったときに・・・」というのは建前で、実は旦那さんへの戒めの為に貼っているのかもしれません。しかもそれを書籍に載せてしまうなんて、どんな内容の喧嘩だったのでしょうか。

うちのインテリアに足りないものは、こういう家庭内事情を分からせるオープンさなのかもしれません。今度壁一面に飛び散った赤ワインの染みを残してみます。

 

そしてこちらのお子さんは、果物は入浴時に食べさせられているとのことでした。

服が汚れるし、なによりお子さんたちが喜ぶそうです。

アマゾンレビューでは「しつけがなっていない」とか「下品」とか散々叩かれていましたが、確かに楽しそうだし、ちょっと優雅な気さえもします。あと、風呂に浸かりながらおにぎりを食べるという浜崎あゆみのことも思い出させます。

 

このことを友人のひとりに話すと「うちも同じだった!」と言っていました。

でもよくよく聞いてみると、入浴時ではなく単に風呂場で食べさせられていたのことでした。

汚れるからという理由で・・・目的に、楽しさは無かった様子です。

さらに果物だけではなく、カニも風呂場で食べさせられていたとのことでした。

この友人は新潟出身。むかし丁稚奉公が土間で食事を採っていたように、新潟には子供は風呂場でカニを食べるという風習があったのかもしれません。

西川口の中華料理店

今住んでいるマンションは西川口の駅を境にして東側にあり、駅前にはスーパーもあって、商店街に行けば少しだけれどカフェや飲食店もある、便利なところ。

でも、飲食店は西側の方が圧倒的に多い。

新鮮でおいしい魚を出してくれる質の高い居酒屋もあれば、タイ料理店、韓国料理のお惣菜屋、ほんの少し有名なラーメン屋もある。

でも中華料理店の数がいっとう多く、その中には日本に住む中国人相手に経営しているっぽいお店もあって、店先に書かれたメニューも呼び込みも中国語なので、まるで香港や上海を旅行しているような気分が味わえます・・・入りづらくて入ったことないけれど。

 

その中でも恐らくいちばん有名なのが、「異和香」という中華料理店。いろいろなメディアに紹介されているらしく、店内にも芸能人と一緒に撮影した写真がたくさん貼られている。

浅野ゆう子がテレビ番組のロケで訪れた時の写真もあって、なんというかその注目度の高さと時代の古さを感じられます。

 

きのうはこの中華料理店で食事をしました。

 

ここは中国人のご主人とおかみさん、その息子さん(?)で経営しているらしく、ご主人は長く白い髭をたくわえた、香港映画に出てくるジャッキーチェンの師匠っぽい風貌で、それも恐らくメディアに取り上げられる理由のひとつなのかもしれません。

ただ最近はお店に行っても、全く姿を見ることがありません・・・ご高齢なのでよからぬ心配をしてしまいます。おかみさんと他のお客さんとの会話で「施設が・・・」と聞こえていたので、施設=老人ホーム、もしかしたらご主人は老人ホームにいらっしゃるのかもしれません。いずれにせよ、お元気でいて欲しいです。

 

そんなご主人不在のお店でしたが、味は全く落ちていませんでした。

きのうは青島ビールを飲みながら、まずは冷製の前菜を。脂と肉のバランスが絶妙な焼豚と、煮こごりと一緒にいただく蒸し鶏。さらに、五香粉の風味が効いた豚の舌をいただきました。

ここは焼売と餃子が名物で、焼売はものすごく大きくて食べごたえがあっておいしい。この日は餃子を注文。やっぱり大きくて、食べごたえがありました。皮がやわらかくて、やさしい味です。

水餃子も注文。先ほどの餃子とかぶってしまいそうだけれど、水餃子にはにらがたくさん使われていて、また違ったおいしさでした。さっぱりとしていて、それでもにらの風味が濃いおいしさです。

揚げ海老のサラダ、というのも注文。これがとてもおいしくて、さくさくの衣で揚げた海老とレタスの上に、カレーパウダーが効いたマヨネーズソースが絡んでいるというもの。

たぶん本場の中華でもなく、そしてふつうにある日本の中華でもない、独特でおいしい料理でした。

 

ここのおかみさんもご主人に負けないくらい個性的で、とにかくいろいろ話しかけてくれます。

きのうも「餃子は頼まなくていいの?!」「餃子にタレをつけて食べるとおいしいよ!」「餃子、タレにつけて食べた?!」と、何度も話しかけてくれました。とりわけ餃子に対しての愛情が深いように感じました。

さらにこちらが何もお願いしていないのに、取り皿に「これはね、こうして食べるとおいしいから!」と言いながら海老とレタスをよそい、上からソースをだーっとかけてくれました。

自分はこういうちょっと雑だけれどフレンドリーな接客はわりと好きなのですが、一緒に行ったあっちゃんは若干イラっとしているように思えました。

国立めぐり

思い立って国立へ。

 

国立は幼少の頃(小学校に上がる前)、1年あまり住んでいた時期があります。

父親の暴力から母親が逃げ、父親育児放棄したので大阪から東京の国立に住む叔父夫婦の家に預けられ、そのまま叔父夫婦の養子にされそうになったところを母親に連れ戻され・・・。

費用が掛かるからか幼稚園に通わせてくれずあまりにも暇なので万引きをしたり、母親が迎えに来ても叔父夫婦が手放そうとしないので留守中を狙って母親が奪い返しに来たり、あまり明るい思い出ではないけれど、それでも都内、しかも中央線沿いに住んでいた貴重な期間で、自分の中では割と自慢できる過去なので「国立?昔住んでたけど田舎だヨ~」とか偉そうに言っています。

 

そんな国立にはたくさんの良いお店があります。

まずは「黄色い鳥器店」へ。

おしゃれ、でも嫌味のないデザインの食器や雑貨が、手ごろな金額で売られています。

長方形の小さな白いお皿を購入しました。お店の方いわく、五十嵐元次という白いひげを生やしたベテラン作家さんのものとのこと。そう聞いて「そのわりにはかわいらしいデザインですよね」と答えましたが、よくよく考えたらなんとなく失礼な答えのような気がします。

 

さらにPepe Shimadaさんのポストカードもいくつか購入。あまりにもかわいい猫のイラストで、すべて買い占めたい気持ちを抑えるのに苦労しました。

この作家さんは台湾在住のミュージシャンで、来週こちらのお店で音楽のイベントを行うとのこと・・・行きたくなります。

でも埼玉から国立に移動するのは時間が掛かってしまうので、躊躇してしまいます・・・もし過去に母親が奪回に失敗し、そのまま養子にされて国立に住み続けていたら、間違いなく行っていると思います。

 

お昼はお店の隣りにある「カフェひよこ豆」で、サーモンフライの定食とビールをいただきました。

こちらのお店の店主に教えてもらい、アンティークショップの「Let’Em in」にも立ち寄りました。

北欧テイストのものから和風のものまで、たくさんのおしゃれ雑貨が陳列されています。

以前はこういうお店のおしゃれ雑貨は高いと感じていましたが、最近は東京蚤の市に行きすぎて感覚がマヒしてしまったのか、「もし東京蚤の市で売られていたらもっと高いはず・・・」と思ってしまい、財布の口が緩んでしまいます。

 

その後「カゴアミドリ」という、かご製品を扱うお店へ。

以前に南千住で購入した草篭のバッグをさげていたので、もしかすると店主に「そのバッグ、いいですね」と言われるかも・・・と夢想しながら入店しました。

そんな会話は一切ありませんでしたが、扱われている品はすべて品が良く、すてきなお店でした。

 

偶然というかなんというか、このお店の隣りには、なかしましほさんの「フードムード」がありました。

一度訪れてみたい、と思っていたこのお店、まったく調べていなかったのに、「カゴアミドリ」目的で来たのに見つけられたので、感無量でした・・・休業日でしたが。

 

夕方ごろ国立を離れ、新宿のオイスターバーや日本酒バーに立ち寄り、新宿ゴールデン街へ。会田誠さんを見かける。

「夜行飛行」という昭和歌謡ファンが集まるお店でウィスキーの水割りを飲みながら、お客さんたちと楽しく会話。

以前にあべ静江が埼玉のスーパー銭湯へ営業に来た時の写真を店主に見せると、「デビューしたての頃は本当にかわいかった」と当時の映像を流してくれました。

それは「ミュージックフェア300回記念」の映像で、昭和50年代の頃でしょうか、若かりし頃のあべ静江の美しい姿が映っていました。

20歳そこらのいたいけな少女が、やがて仔猫を壁にぶつけると噂されたり、埼玉のスーパー銭湯でラーメンを食べるファンの前で歌ったりするなんて、人生なにがあるか分かりません。

 

この番組は放送300回記念ということで、どこかの大きなプールを会場にし、生放送で行われていた様子。

オープニングでは祭ばやしで踊りながらダンサーが登場するという演出がされていましたが、男性の声による掛け声のようなものにまじって「(女性器)!!」という放送禁止用語を叫ぶ声が聞き取れました。

祭ばやしにかさなるように聞こえる「(女性器)!!」はものすごくシュールで、店主もお気に入りらしく何度もリピートする為、酔っていたのもあり大爆笑しました。東京の片隅にある小さなバーの、楽しい大人の思い出です。

豪邸

吉祥寺にある大好きなパン屋、「ダンディゾン」のオーナーご夫婦の豪邸について書かれた「二人のおうち」を読む。

こちらの旦那さまのブログをよく拝見していて、そこで紹介されるご自宅の様子が大変すばらしいので、さっそく読んでみました。

 

豪邸と言ってもシャンデリアやプールのある下品なイメージではなく(貧乏なので豪邸のイメージがそういう感じになってしまう)、木がふんだん使われていて、明るく、とてもおしゃれで上品なお宅。

それでもやっぱり吉祥寺に専有面積1000平方メートル以上の三階建て一軒家・・・間違いなく豪邸です。

 

そんな豪邸なのに、玄関扉横がガラスのはめ込み窓になっているので、そこを割ったら簡単に侵入されそうです。

扉にはセコム等のステッカーも貼って無いし・・・ダサいので貼りたくないだけで、きちんとセキュリティ会社と契約しているのでしょうか。

 

それでも本文に「ダンディゾンからOO分離れて・・・」とか書かれているので、場所もなんとなく特定されそうで、読んでいる方がとても心配になってきます。念のため、旦那さまのブログには「旅行なう」とか書かない方がいいかもしれません。

 

しかし本の写真を見てみる限り、そんなに高価なものは置いて無さそうにも思えます。

もちろん置いてある家具はすべて安価ではない上質そうなものばかり。それでも、わざわざ泥棒に入って転売したくなるような目立ったものはありません(ミナペルホネンの椅子は高く売れそうです)。

もしかすると、この本は「金持ちそうに見えるけれど、置いてあるものは大したことないのですよ」と泥棒に対してのアピールのために書かれているのでは・・・?

そう思うと、「こまごました物はまとめてここに・・・」と紹介していたチェストの中にはものすごい数の貴金属品や、「フリースペースを設けてなにも置かず・・・」と紹介された場所には実は高いツボやら絵画やらが置かれているのでは?と勘繰ってしまいます。

 

このご夫婦、以前にもインテリアというかライフスタイル本みたいなものを出版していて、奥さまが旦那さまのことを「元勝ち組のサラリーマン」と書いてしまい、読者の反感を買いAmazonレビューで叩かれていました。

でもそれは単に奥さまがご年配なので、当時流行っていた言葉をあまり理解せず使ってしまっただけなのかもしれません。

もし今奥さまにそのことを聞いて、「勝ち組っていうか、ヤバいって感じ?」と答えてくれたら、たぶんそうです。

全裸

ジム友たちと飲み会。

前回の旅行の精算も兼ねて、南浦和の「彩蔵」にて。

 

ジム友のひとりであるMさんは埼玉では有名な某病院にお勤めの、すらりとした美人。

とても上品だけれど、お店のサービスでキレたりする強さも持ち合わせています。

 

そんなMさんがスターダストレビューの35周年のライブに行ったそう。

豪華ゲストも出演していて、小田和正森高千里渡辺美里まで登場し、すばらしいステージだったとのこと。

しかも席が2列目でとても興奮したそうです。確かに小田和正に目の前で「ラブストーリーは突然に」を歌られたら興奮・・・しないかな、自分は。

 

さらに蓮見にある清龍酒蔵の見学ツアーにも行ったそうです。

ここの酒蔵見学ツアーは、ツアーそのものよりその後の試飲会がとても有名とのこと。

試飲会とは言っても飲み放題なので、参加者はどんどん飲んでしまいどんどん酔っ払って行き、最後は大宴会のような盛り上がりになるそう。

歌あり演奏あり、それに合わせてみんなでペンライトを持って踊り歌い・・・感極まって泣き出す人もいたとのこと。

ちょっと行ってみたいです。

 

ただMさんはその話の合間に小田和正の話も挟んでくるので、ペンライトのくだりが清龍酒蔵のことなのか小田和正のことなのか、判断するのが難しかったです。

 

清龍酒蔵に負けないくらい、この日も飲み放題だったのでたらふく飲みました。

ものすごく酔っ払ってしまい、どうにか家に帰ったのだけれど、翌朝ベッドにすっぽんぽんの状態で目が覚めました。

どうやって帰って来たのか、なぜ全裸で寝ていたのか全く覚えておらず、ベッドの周りを見ても脱いだ服は落ちておらず。

 

・・・もしかして、帰り道の途中で着ていた服を脱ぎだし、家に到着する頃には完全な裸状態だったのでは。

 

そんな恐ろしい予感がしたので、急いで洗濯機の中を見ると、昨晩着ていた服が入っていたので安堵しました。

もう買えない星野源のライブTシャツを着ていたので、失くすと悲しかったんです。

大好きなaikoのこと

昔、研ナオコに憧れてビー玉を鼻に突っ込んで取れなくなった子供がいたという話を聞きました・・・aikoのことでしょうか。

アメリカの大学から戻った頃、ちょうどaikoの「ボーイフレンド」が流行っていて、その頃からファンでCDも集めていました。

断捨離で他のCDは売却しても、aikoのCDはまだ残しています。これはaikoがそれだけ好きなのと、星野源が大人気になる前にCDをタダ同然で売却してしまったショックによるものです。

 

そんなaikoのライブチケットを購入しました。

彼女のライブはおととしの年末、横浜アリーナで行ったのが初めて。

グッズを購入する為すこし早めに到着したら、すでにうん百人の列が出来ていて、結局購入出来なかったという辛い思い出のあるライブでした。

ネットで調べてみると、aikoのグッズ購入の列は長時間並ぶのが常らしく、熱心なファンは朝から並んでいるそう。

しかもあの日、aikoの要望により購入者ひとりひとりにくじ引きを用意していたとのことで、それがさらに混雑を生んでいたそうです。

ファンを大事にする、aikoからのプレゼントなのでしょう・・・でも年末の寒空の下、3時間並んでライブ開始時間になってしまい購入出来なかった自分としては思わず「ババア余計なことするな」と思ってしまいました。

Aikoと自分は年齢が同じなので、つい(親しみを込めて)ババアと呼んでしまいます。でも年下の友人に「aikoはババアじゃなくない?」と聞かれた時にそのことを伝えると「え?しょうちゃんと同じ?・・・・そんなにいってるの?」と驚かれたことがあり、思わずギャフンと言いそうになりました。

 

今回のライブは、前回と違いZepp Tokyoでのオールスタンディング。

ネットの情報によると、たくさんの熱狂的なファンにより揉みくちゃにされるとのこと。

自分はライブで揉みくちゃにされたのは、ボアダムスとコンクリートオクトパスとハンバートハンバートしかないので(ハンバートはクールワイズマンが来ていたせい)、あまり経験が無くとても不安。

さらに、揉みくちゃにされなくても目の前に立つお譲さんが気分が悪くなって嘔吐する、というのに2度も遭遇したことがあるので、それも若干不安です。

 

少しでも不安を和らげるよう、ライブDVDを観ていたら、あっちゃんに「しょうちゃんはaikoを容姿も含めて好きなの?」と聞かれました。たぶんちょっとaikoを小馬鹿にしているんだと思いました。