読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やったつもり

f:id:Pekkun:20161026120138j:plain

夏に川へバーベキューに行き、熱中症で倒れたことがありました(単に酔っ払ったという噂も・・・)。

その際にお世話になった方々にお礼をしたく、自宅にお招きしました。

 

今回はタイ風鶏鍋と、牛肉とにんにくの芽の混ぜご飯を作る。

タイ風鶏鍋は、たくさんの骨付き鶏肉を長い時間ルクルーゼで煮込んで、そのスープで野菜やきのこと一緒に食べる。

ニョクマムを入れたり、レモンの輪切りを入れたりアレンジはしているけれど、元は映画「プール」で出てきた「市尾鍋」というもの。

レシピは飯島奈美さんが作られたそうです。やっぱり大きい女の人の料理っておいしい・・・。

混ぜご飯は、牛肉とにんにくの芽を甘辛い調味料で炒めて、炊き立てのご飯に混ぜ込むのみ。

男子比率の多い食事会には、ごはんものを出すと喜ばれるので(そして作るのが楽なので)、こういうメニューにしています。

 

この日来た頂いた方のひとりはインテリアに凝っていて、ブログもつけているそう。

拝見させていただいたら、写真からも伝わる清潔感のあるお宅。

その方は「掃除が趣味」らしくて、毎日拭き掃除やら、定期的に大掃除、断捨離をしているらしい。

 

自分は掃除が嫌いなので、すると言えば掃除機をかけるくらい。拭き掃除なんてほとんどやらない。

トイレ掃除なんて一週間に一度するくらいだし、お風呂掃除だって気が向いたらやるくらい。カビがあればカビキラーを吹き付けるか、見なかったことにしてしまう。

 

なのでそういうブログを会社で見てしまうと、「ああ、自分もちゃんとしよう・・・帰ったらきっとやろう」と思うのだけれど、大体帰ったらやらない。

 

たぶん、ブログの中で掃除や断捨離をしているのを見て、まるで自分自身もそれをしたように錯覚してスッキリしてしてしまうからだと思う。

 

こうしている今も、先週断捨離をしようと思い、買取サイトに申し込んで段ボールを送ってもらったのにまだ送っておらず、「お荷物がまだ届かないのですが・・・」という催促のメールが。

自分の中の断捨離は、買取サイトに連絡した時点で完結しているようです。