読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパー銭湯

f:id:Pekkun:20170322124721j:plain

スーパー銭湯が好きなので、わりと通っている。

 

板橋にある「さやの湯処」は、少し遠いけれど、清潔で露天風呂も充実しており、食事もとてもおいしい。

ここの岩盤浴には本が持ち込められるので、訪れる際にはかならず「有閑倶楽部」を持参し、ダラダラと汗をかきながら読み、のぼせてきたころに寒い部屋に飛び込む。

この寒い部屋にはエアコンがガンガンときいていて、まるで冷蔵庫の中にいるようで、ほてった体にはとても気持ちがいい。

以前にコンビニの冷蔵庫に入ってツイッターに投稿した「バカッター」と呼ばれる騒ぎがあったけれど、彼らはふざけていたのではなく、ただ単にこんな風に清涼を求めていただけなのかもしれません・・・バカに変わりありませんが。

 

戸田にある「七福の湯」は自転車で行けるのでとても便利。お風呂も充実しているし、食事もやっぱりおいしい。

ただ、岩盤浴には本は持ち込められないので、お湯だけを利用している。

岩盤浴にはサウナも併設されていて、そこで行われるロウリュウ(スタッフが大きなうちわで扇ぎに来るサービス)が女性客にとても人気の様子。

一度利用したら、スタッフが小柄なイケメン男性と、ガチムチのイケメン男性という、BLファンにとっては夢のようなコンビでした。サウナ内が女性ですし詰め状態だったのも頷けます。

 

じつはもっと近く便利な場所にあるスーパー銭湯もあるのだけれど、そこは施設が古く、露天風呂も無いため、あまり利用していない。

しかし先日、「あべ静江歌謡ショー」が開催されると聞き、冗談半分で訪れました。

 

このスーパー銭湯には宴会場のような小さなステージ付きの食事スペースがあり、定期的にこういう名前の知れたタレントを呼んでイベントを行っているらしく、そのせいもあってか来客数はとても多い様子・・・なので施設のオーナーは設備がボロくても気にしていないのでしょうか。

 

宴会場では早速ビールを注文し、あべ静江が登場するのを待ちました。

知らなかったのだけれど、あべ静江は昔「小猫を壁にぶつけて殺した」というよく分からない噂が広がっていたそうです。

iPhoneで検索すると、確かに「あべ静江 猫 壁」という検索予想が出て来たので、多くのユーザーが今もその話題を噂しているのでしょう。

Youtubeでも当時の記者会見で「なんで私が猫を壁にぶつけて殺さないといけないのよ!」とガンギレしている動画が残っていました。そりゃ怒ると思います。

 

そうしているうちに、あべ静江が登場しました。

あべ静江は貼ってあるポスターに比べると1.5倍くらい横に大きかったけれど、歌もトークもとても良かったです。

ただ最前列に陣取り、ラブコールを送る熱狂的なファンが、オーダーしたラーメンを曲の途中で食べ出したのはかなり驚きました。

至近距離でラーメンを食べる男の前で、あべ静江はどんな思いで自身のヒット曲「みずいろの手紙」を歌っていたのでしょうか。芸能界って本当に厳しいんだと思わされました。

 

そういえばこの日、客席に大場久美子がいました。あべ静江の友達らしいです。子供の頃、「コメットさん」が大好きだったので、ちょっと嬉しかったです(大場久美子は川口出身だそう)。

 

あべ静江の歌謡ショーも終わり、お風呂に浸かって帰ることに。

ここのお湯は黒に近い濃い色の温泉。広い湯船にゆっくりと浸かりました。

そうすると知らないおじさんが笑いながらしきりに水面を指さして何か言っています。

聞いてみると「ウンコ!ほら!ウンコ浮いてる!出た方がいいよ!」と言っていました。

暖かいお湯に浸かっていたのに、背中に冷水を受けたような戦慄が走り、すぐに退散しました。

でもニコニコしながら「ウンコ!」と指摘する見知らぬオヤジはちょっとシュールで面白かったかも、と帰り道に一緒に行ったあっちゃんに言うと「忘れようとしてるんだから、思い出させないで!」と怒られました。相当ショックだったようです。