読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯西川温泉へ

f:id:Pekkun:20161031121819j:plain

湯西川温泉へ。ジム友に連れられて。

 

泊まったのは、「ホテル湯西川」。もともとわりと高級な「伴久ホテル」を伊藤園グループが買い取ったらしく、その分施設は立派だけれど、とてもリーズナブル。

ただジム友が送ってきたメールには「本家伴久」という全く別の立派過ぎるお宿がURL付きで届いていたので、到着した時には「違う!ここじゃない!」と少しがっかりしてしまいましたが・・・。

 

到着して、まずはお風呂。始まったばかりの紅葉を眺めながらの露天風呂も良かったけれど、内風呂の方が温泉のお湯が濃い気がして、肌がつるつるになりました。

でも表面に浮かぶ大量の垢が見えてしまうのは、レーシックをした者のさだめでしょうか・・・。

 

夕食前に、カラオケへ。

古いカラオケルームなので、音は外にだだ漏れ。でも狭いので音が反響するのか、スピーカーからの己の声がマイクに届き、ハウリングしてしまうので、今までで一番歌うのが難しかったです。

そしてふつうに話す声もマイクに拾われてしまうので、Sさん(巨乳)の「私、浴衣のしたはブラジャーのみよーん」という告白もたぶん外に聞こえていました。

 

夕食は、伊藤園グループおなじみのビュッフェ。

一度このホテルに訪れたことのあるKさんの指導のもと、それぞれが分担して、無くなりそうな料理を先に集めてくることに。

でもチームワークが無いのか、やる気が有り余っているのか、テーブルには握り寿司と茶碗蒸し、釜飯が大量に並んでしまい、それだけで腹いっぱいで他の料理が食べられない状態に。

 

そしてビュッフェの食事をするといつも感じる、この食後の不満足感。満ち足りないのは、きっと大量のそんなにおいしくない料理を、統一感無く多品目に食べてしまうからでしょう。

ビュッフェは食後よりも、むしろ食前の高揚感の為にだけあるのかもしれません。

 

翌日は早起きし、空気の冷たい中露天風呂へ。朝食を済ませ、早めにチェックアウト。

あとは帰りがてら、買い物へ。

 

まず「きのこの杜」で大根とカナダ産の安いマツタケを買う。

首輪を着けた黒い猫がいたので、撫でさせてもらう。去ろうとすると老女に「あら、かわいい猫ちゃんね、飼われてるのかしら?」と話かけられるが、飼われているかどうかは知らないので無視し、代わりに「撫でても逃げませんよ」と教えてあげました。

でも実際に老女が撫でようとすると、その猫はだーっとものすごい勢いで逃げてしまい、ちょっと気まずい雰囲気に・・・。

 

Mさんがどうしても「日光せんべい」に寄りたいというので、行く。Mさん、大きいゴミ袋くらいの量のせんべいを買っていました。

 

上澤梅太郎商店にも寄り、大好きな紫蘇の実のたまり漬けを購入。これが本当においしくて、ご飯に混ぜると途端に幸せになれる。

ここの若社長とはレモンサワーのススメでお知り合いになり、その日もガラス越しに見える事務所でお仕事をされていました。

声を掛けようか迷ったのだけれど、仕事中にご迷惑かもと思い、そして何よりそんなに親しくないので「どなたですか?」とか言われるのを恐れてやめました。

 

渡邊佐平酒造店にも寄り、ひやおろしを購入。その向いには大きな道の駅が出来ていたので(半年くらい前に行ったときは何にも無かったのに)、そこで新鮮なわさび菜を購入。レジに「1時より卵つかみ取り開催!」と言う、誰が聞いても「そんな無茶な・・・」という告知が書いてありました。実際はピンポン玉を掴んで、掴めた数の卵と交換してくれるらしいです。

 

お昼は「日光珈琲」へ。

古民家を改装したオシャレな店内、でも食べ物は本気でおいしい。

この日は店員さん全員が耳が遠かったようで、呼んでもなかなか来てくれなかったのだけれど、それでもジム友たちは「おいしいし、おしゃれ!」と絶賛していました。

でも会話は相変わらず「あの店員は胸が大きいけれど、Sさんの方がやっぱり大きい」とか「○○ジムに行ったらメンバーとケンカになった」とか下世話な内容でした。

 

最後にまさし餃子へ。ここの餃子、冷凍のを買って来て家で焼いたのだけれど、ものすごくおいしい。何がおいしいか良くわからないけれど、なんというか「自分の理想とする普遍的な中華屋の餃子」でした。4人前を買ったけれど、もっと買ってくればよかったです。

 

毎回楽しいジム友との旅。

今回の旅で、一番印象に残ったのは・・・朝食時にものすごいイケメンを見かけたので思わず「神様、何でもするのでこの人とお風呂で遭遇しますように」とお願いしたら、ひとりっきりの露天風呂に本当にその人が入って来た事。

嬉しさよりも「神様に何でもするって言っちゃった!どうしよう!」という焦りの方が強かったです。