読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジャヴ

最近引越しをした、Sくんのお宅へ。

 

Sくんは本、CD、DVD、ビデオゲーム類、そしてイッタラやアラビアといった北欧食器をこよなく愛する男子(同じ年)。

その量は半端なくて、けっして広くない1Kのアパートにそれらをぎゅうぎゅうに詰めて暮らしていた。

はじめて遊びに行った時、ベッド以外の壁三面に積み上げられた本やDVDやCD、天井にはつっぱり棚を渡して積み上げたゲーム類を見て、驚きと共に感じたデジャヴ・・・。

 

あ、ここ、幼女連続殺人事件の宮崎勤の部屋に似てる!

 

あまりにもその表現がすっぽりと当てはまったので、本人に伝えてしまったくらい。

誰かの部屋をこんなひどい表現で伝えるのは、後にも先にも無いと思います。

 

こういう状態の部屋って、地震の時怖いだろうな・・・と思っていたら実際そうだったらしく、本人が在宅中にあの震災が起こり、天井のゲーム類を置いたつっぱり棚が、棚ごと落ちてきてずいぶんと怖かったとのこと(それでもその後やっぱりつっぱり棚を天井に渡し、ゲーム類をがんがん積んでいました)。

 

そのせいもあってか、今回ずいぶんと広いお家に引越したとのことで、遊びに行って来ました。

 

2LDKの広いそこは、壁紙が真っ白で窓も大きく、光がたくさん差すとても素敵なお部屋(以前は窓にCDがうずたかく積み上げられていたために暗く、1階なのに地下のような暗さで・・・)。

キッチンはクローズ型で食器がイッタラのショップのように並び(思わず万引きしそうに・・・)、リビングダイニングには小ぶりのダイニングテーブルと、しっかりとした厚手のラグのみ。思わず置いてしまいそうな、ソファやローテーブルが無い分、開放的で広々としていました。

 

寝室をひとつと、もうひとつ部屋が。そこは今のところ、まだ開いていない荷物が段ボールに詰められて置いてありました。

そこはCDやDVD、本、ビデオゲームを置く場所にするそう。きっとたくさんあるので、壁一面にそれらが保管されている所を想像すると、新たなデジャヴが・・・。

 

あ、ブックオフ