読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

領収書の件

勤めている会社で記者発表会、セミナー、懇親会というのをいっぺんにやるイベントがあり、私がそのイベントのキュレーターを行いました・・・キュレーターという単語、一度使って見たかったんです。

 

東京ビッグサイトやらで行う展示会は何度か行ったことがあるので、ずいぶん慣れたけれど、今回のようなイベント、とくにケータリングを頼んで行う懇親会は初めてだったので非常に骨が折れるも、会社の方々も助けてくれ、ケータリング業者も非常に協力的だったので、なんとか無事終了。

 

ただそのケータリング業者、事前にお願いしていたのにも関わらず領収書を持って来ていなくて、後日送ってもらうことに。

 

すぐに送ります、という言葉を信じて待っていても、なかなか来ず、どうなっているのか電話で確認すると「もうとっくに送りましたよ」という返答が。

 

しかも普通郵便で送ったので、追跡も出来ませんと・・・。

 

収入印紙を貼ったうん十万の領収書(しかも客先に向けて)なんだから、書留とかで送りません?と聞くと「普通の領収書ですよね?」という答えが・・・いやいや、現にいま、普通郵便で送っちゃって届かずに困っているやないの。

 

先日の中華屋でのことでも同じだけれど、これがプライベートでの出来事なら「すぐにもって来させしばくぞコラ」とか絶対に言う。

でも、これはあくまでも会社対会社のやり取りで、会社に属しているのであれば、やっぱり会社の品位を落とすようなことは言えない。

・・・そして感情的にならず、冷静に、大人の対応でクレームをつけることが自分の性格では出来ない。

 

なので、翌日再発行したものを持って来てもらうようお願いする。

 

そして最後に言われたのが「明日、そちらの会社辺りに行くので、その際にお届けします」。

 

・・・ついでか!