読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーのお寿司

f:id:Pekkun:20160628114447j:plain


急にお寿司が食べたくなる時がある。

 

それはカウンターのきちんとしたお寿司でも、回転寿司でもなく、スーパーのパックに入った、あのお寿司。

 

もちろんお店のお寿司の方が、だいたいおいしい。それはそれで食べたい時はあるのだけれど、スーパーのあのパックのものとは欲求の種類が、なんだか違う。

 

たぶんちょうど良い値段と量が、パックになって用意されているからだと思う。

 

お店では「何を食べよう、どれぐらい食べよう」と迷い考えるのが楽しみ。

でもパックのものは、それが無い分手軽。

 

お店(回っていない方)で板前さんに「適当にいくつか握ってちょうだい!」と小粋に言うのもいいかもしれないけれど(言ったことないけど)、金額的に考えて、やっぱりスーパーのパックほど気軽でかわいらしいものはない。

 

きのうはスーパーでキムチと豚肉を買い、ジムのあと豚キムチを作って納豆と卵にくぐらせて食べようと思っていたのに(奇妙だけれどおいしい)、エアロバイクに乗っている間につい見てしまったテレビがお寿司の内容だったために、シャワーを浴びて濡れた髪のまま再びスーパーへ。パックのお寿司を買いました。

 

糖質ダイエット中のお話です・・・。